Apple カメラ テクニック 家電、ガジェット

【RAW現像】iPadでレタッチのススメ【 iPad版Lightroom】

iPad版Lightroom 手軽にどこでもRAW現像

写真を撮影されている方、レタッチって何でされてますか?

一度Instagramでアンケートを取った事があるのですが6割くらいがPC、4 割くらいがタブレットでした。

私も最初はノートパソコンのLightroomでRAW現像していたのですが、iPad版のLightroomを使い出してから便利すぎてiPadでしか現像していません。

1年半くらいiPad版Lightroomを使用している私がiPadでのレタッチについて全力でおすすめしたいと思います!

目的の場所までジャンプ!

レタッチ、RAW現像とは

カメラのことを調べた事がある方は聞いたことがあると思われる【RAW現像】

言葉だけ聞くととっつきにくい印象ですがそんなに難しい事ではありません。

簡単に言うとレタッチの一種で、撮った写真を後から編集して明るさや色みを変えたりすることです。

スマホで撮影したものも編集で明るくしたり出来ますよね?

あれも簡単なレタッチです。

RAWとは?

RAWとは一眼レフなどのデジタルカメラで撮影された写真の画像形式の1種で、シャッターを押した瞬間のセンサーへ入ってくる光の情報が全て記録されている、未加工の「生」のデータです。

情報が豊富に記録されているので、後でレタッチする時に再現できる明るさや色味の幅が非常に大きく、画質を劣化させずに編集ができます。

だたしRAWは画像というよりは光の強さの情報なので、RAW現像用のソフトやアプリなどで現像(JPEGなどに変換すること)してあげないと、一般的に見る事が出来ません。

一眼レフでは撮影した写真の保存形式をJPEGとRAWの2種類から選択できます。

JPEGは一般的に使われている画像データの形式で、パソコンやスマホ等どんな環境でも見ることができます。

一眼レフでJPEGで撮影した場合は、カメラが勝手にRAWデータを現像してJPEGに変換して保存してくれています。

ただし既に現像されたデータなので保存されているデータ量が少なく、編集で明るくしたりしようとすると画質が劣化してノイズが出やすくなってしまいます

先ほども述べた通りRAWで撮影しておけば後から色味や明るさを自由に調整して、写真のクオリティを追い込むことが出来ます。

ゆーふぃる

せっかく一眼レフやミラーレスをお持ちならRAW現像しないともったいないですよ!

RAW現像についてもっと詳しく知りたい方は、はろログcameraさんが分かりやすく纏めてくださっているので是非ご覧ください。

Adobe iPad版 Lightroomとは

AdobeのiPad版Lightroomは写真のレタッチと写真管理が行えるアプリです。

iPad版Lightroom 画面

取り込んだ写真を画像左のようにフォルダを作り、分類して管理することができます。

iPad版Lightroom 無料版と有料版の違い

Lightroomは無料でも露出やコントラスト、色味の調整やかすみの除去、周辺光量調整など、

レタッチに関する基本的なことはほぼ全て高いレベルで調整可能です。

Lightroomモバイルは有料版になると月額550円です。

Adobe CCのLightroomプラン、Photoshopとセットのフォトプランや全てのAdobeソフトが使えるコンプリートプランを使用している方は追加料金無しで使用することができます。

有料版でしかできないことは?

  • RAWデータの読み込み、編集
  • 修復ブラシ
  • 選択範囲を編集
  • ジオメトリ(歪みなど)の編集
  • オンラインストレージの増量

先ほど述べたRAW現像をしようと思ったら有料プランにしなければなりません。

しかし、月額550円でiPadがRAW現像マシンになるというはものすごいメリットです。

本当に使いやすいので一眼レフなどお持ちの方は必携レベルでおすすめです。

もともとPCでAdobeのソフトを使用している方は無料で使えるので使わない手は無いですよ!

Lightroomのプラン550円と980円の違い

『Lightroomモバイル』は月額550円で使用できますが、月額980円(税込1078円)の『Lightroom単体プラン』にすると

モバイル版Lightroomに加えてPC版Lightroomも使用できるようになり、1TBのクラウドストレージが付いてきます。

モバイル版のみだとスマホやタブレットのストレージに保存されますが、Adobeのクラウドストレージを使えば容量の節約になります。

フォトプランなら月額1078円(税込)でLightroomに加えPhotoshopも使える

月額980円の『フォトプラン』にすれば、Lightroom(モバイル含む)に加えてLightroom ClassicとPhotoshopも使用出来るようになります。

ゆーふぃる

Photoshopなら更にハイレベルな写真の編集ができます

LightroomとPhotoshopの違い

Lightroomは写真の『現像と管理』に特化しているのに対し、Photoshopは写真の『編集、合成』に特化しています。

ゆーふぃる

似ているようで得意な事が全く違います!

大量の写真をまとめてレタッチしてかつ管理まで行えるのはLightroomの大きなメリットです。

一方PhotoshopはLightroomで出来る写真の編集機能に加え、写真の切り抜きや合成、文字入れなど出来ないことはないくらいのレベルで編集が出来ます。

しかし大量の写真をまとめてレタッチするのには向いていません。

Lightroom
Photoshop
  • 大量の写真をプリセットなどを使用してまとめてレタッチする
  • Lightroom内にフォルダを作って写真の管理ができる
  • 写真の現像という点においては十分すぎる機能が付いている
  • 切り抜きや合成など、より高度な編集をする
  • 図形や文字などでロゴデザインなども可能

フォトプランのクラウドストレージは20GBとなるため、データ保存は別のクラウドかHDD、SDDなどに移して保存する必要があります。

月額1980円で1TBのプランもあります。

ゆーふぃる

たくさん撮ってきた写真をレタッチするなら『Lightroom』

一枚の写真に注力して凝った編集をするなら『Photoshop』がおすすめです!

詳しくは『Lightroom』と『Photoshop』の違いをご確認下さい。

※Adobe公式サイトより引用

Adobe公式サイトでプランの違いを見てみる

ゆーふぃる

公式サイトより安く手に入れる方法はこの記事をチェック!

iPad版Lightroomへの画像取り込み方法

iPad版のLightroomへの画像取り込みに必要なものは

必要なもの

  • iPad
  • 撮影した写真データの入ったSDカード
  • Lightning or USB-C – SDカードリーダー

のみです。

全てのカメラが対応しているかは分かりませんが、一眼レフにUSB端子等があればSDカードリーダーがなくてもiPadとカメラを直接繋いで、Lightroomから読み込む事も可能です。

ちなみに私はSONY α7ⅲとiPad Proを使用していますが、両方USB−C端子があるのでUSB–CケーブルでカメラとiPadを繋げばLightroom上で認識されています。

iPadやiPad Air3などLightning端子の場合

Lightning–SDカードリーダーを購入しましょう。

Lightning系はApple純正がおすすめです。

iPad Air4やiPad ProでUSB−C端子の場合

USB−C端子のiPadの方はSDカードリーダーのついたUSB−Cハブを用意しましょう。

多少値が張っても高速転送に対応したものの方がサクサク幸せになれます。

2番目のものはUHSーⅡにも対応しています。

ちなみに私はSONY α7ⅲとiPad Proを使用していますが、両方USB−C端子があるので

USB–CケーブルでカメラとiPadを繋げばLightroom上で認識されています。

SDカードリーダーが用意できたらiPadにSDカードリーダーを接続してSDカードを入れ、Lightroomを開きます。

iPadとSDカードを接続

もしくはカメラと直接繋いでもOK

iPadとカメラを接続

右下の+からカメラデバイスを選びます。

写真を選んで読み込み
コピー完了したら読み込み
フォルダに写真が追加されます

あとはレタッチしたいものを選んでレタッチしていきます。

iPad版LightroomでのRAW現像、レタッチの方法

先ほども述べた通りRAWは全ての光情報を記憶しているので、暗部などを持ち上げてもノイズが出にくく色の情報も豊富です。

まずはRAW現像のBefore/Afterから見てみましょう。

レタッチ前
レタッチ後

JPEGの場合暗部を持ち上げるとすぐノイズが出てしまいますがRAWだと綺麗なまま調整ができます。

レタッチ画面

レタッチは画面右のスライダーで調整できます。

以下はレタッチの参考動画です。

PC版とUIは違いますが、編集面においてはほぼPC版とほぼ変わらず調整できます。

iPad版の何よりの利点はApple Pencilが使えること!

スライダーの操作や、特に部分調整や修復ブラシは直感的に使用できるのでめちゃくちゃ使いやすいです。

またプリセットの使用や作成も上から2番目のタブから簡単に使用できます。

Lightroom プリセット

iPad版Lightroomのメリット、デメリット

iPad版のメリット

SDカードリーダーさえ持っていれば、出先でもどこでも場所を選ばずレタッチが出来る

Apple Pencilで細かく直感的に操作出来る

機能は制限されるが無料版でも基本的な調整は出来る

とにかく場所を選ばず手軽に編集が出来るというのは非常に大きなメリットです。

自分もよくやっていますが、出先で撮影したものを帰りの電車で早速レタッチなんかも出来てしまいます。

そしてApple Pencilの使い勝手がかなり良いので、是非一度体験してもらいたいです。

iPad版の注意点はPC版Lightroom Classicとはデータの管理方法が違う事

PC版のLightroom ClassicはPCのハードディスクドライブや外付けSSDなどで写真管理をされていると思います。

対してLightroomモバイルはAdobeのクラウド上に保存されます。

Adobeのクラウドストレージは

  • Lightroomプラン 1TB / 月額980円
  • Lr+Ps フォトプラン 20GB / 月額980円
  • Lr+Ps フォトプラン 1TB / 月額1980円
  • Adobeコンプリートプラン 100GB / 月額6248円

となっており、980円のフォトプランの場合20GBなのであっという間にいっぱいになってしまいます。

また、設定の読み込みの『カメラロールから自動追加』をオフにしておかなければモバイルデバイスの写真やビデオが同期され、容量をすぐ圧迫してしまうのでオフ推奨です。

容量の節約にはLightroom Classicに同期して管理するか、外付けSSDなどに書き出して保管

AdobeのストレージはRAWデータを入れているとあっという間に埋まるので

PC版のLightroom Classicと同期させてPCで管理し、Lightroomモバイル内のものは消してしまう。

もしくは外付けSSDやLightningのUSBなどに繋いで元データの書き出しを行う事も可能です。

画像を選択して『共有』から『書き出し』を選び

元画像を選びます。

あとはファイルに保存から任意の場所に書き出せます。

写真データの検索管理方法が違う

PC版のLightroom Classicは自分でキーワード登録し、カタログに保存されます。

一方iPad版Lightroomはクラウドにアップロードされたものを、Adobe SenseiというAIが自動でタグ付けしてくれます。

またタイトルや場所、説明なども手入力も可能です。

Adobe公式サイトでLightroomを手に入れる

Adobeのソフトを安く使う方法

Amazonで購入すると少しお得

ゆーふぃる

AdobeのソフトはAmazonで購入すると少しお得なのはご存知ですか?

Adobeソフトは実はAmazonでも購入する事が出来ます。

公式サイトで契約すると月額(税込)1,078円×12ヶ月で年間12,936円かかりますが

Amazonで購入すると12ヶ月分で11,760円なので少し安く購入できます。

更に1,2ヶ月ごとくらいにAdobe公式セールと共にAmazonでも20%〜最大34%の割引セールが行われるのでセールを狙って1年分購入するのが最もお得に使うことができます。

ゆーふぃる

詳しくはAdobeソフトを安く購入する方法まとめをチェックです!

Lightroomと併せて他のAdobeソフトも使いたい人はコンプリートプランがおすすめ

AdobeのソフトはコンプリートプランにすることでLightroomやPhotoshopだけでなく、

イラスト制作のIllustrator

動画編集のPremiere pro、After Effects

購入すると高価なモリサワフォントを含む大量のフォントが使えるAdobe fontも使えます。

私はコンプリートプランを契約しており、

Photoshop、Lightroomは写真編集、アイキャッチ作成はIllustrator、premier、aftereffectで動画編集

上記の様に使い分けています。

Adobeの良いところは各ソフトの互換性、これに尽きます。

そんなAdobeコンプリートプランは通常価格だと月額6248円、年払いの場合は72384円もかかってしまいます。

ゆーふぃる

新規の方でしたら定期的にやっているセールで1年間月額4378円で利用可能です

しかし2年目以降の方はセール中でも通常価格でしか購入できません。

しかしAdobeソフトを2年目以降も格安で使う方法があります。

ゆーふぃる

「デジハリ」や「たのまな」などのオンライン講座を申し込むと社会人でも

税込39,980円でAdobeコンプリートプランを1年間使えるよ!

デジタルハリウッド』や『たのまな 』に申し込んで


動画でのオンライン講座を受ける事で、Adobeの学生・教職員個人向けライセンスを社会人でも購入できるのです。

講座を受けるといっても課題などがある訳ではなく、自分の好きな時間にソフトの使い方などの動画を見たり出来るだけなので、

39,980円でAdobeのソフトの上質なトレーニングビデオが観られる上にAdobe CC1年分が付いてくるというまさに一石二鳥な方法です。

しかもこれ、2年目以降も何度でも申し込む事ができます。

申し込むとメールでオンライン講座の受講方法とAdobe1年分のシリアルコードが送られてきます。

Adobeのシリアルコードは今まで使っていたAdobeアカウントに紐付けられるので、データ移行などの心配もありません。

ゆーふぃる

Adobeコンプリートプランを最安値で使う方法はコレです!

『デジハリ』はこちら!

『デジハリ』でAdobeCC1年分付き動画講座を申し込む!

『たのまな』はこちら!

『たのまな』でAdobe CC1年分付き動画講座を申し込む!

まとめ

iPad版Lightroomモバイルのメリットは何よりも手軽に場所を選ばずレタッチが可能なことです。

そしてApple Pencilの使い心地の良さ!

いまiPadを買うならiPad Air4かiPad Pro5がおすすめです。

iPad Pro5はMacと同じM1チップが載っており、Lightroomの書き出し速度も非常に高速で安定しています。

こちらもCHECK

新型iPad Pro12.9インチ レビュー
【M1チップ iPad Pro12.9インチ】ついに来た!新型iPad Pro 第5世代を早速レビュー!

続きを見る

iPad版Lightroomを使って快適なレタッチライフを送りませんか?

Adobe公式サイトでLightroomを手に入れる

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他、おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー

ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

  • 一眼で撮った写真をアップ!Instagram
  • ブログ更新のお知らせなど!Twitter
  • ブログをピンにしています!Pinterest

詳細プロフィールはこちらをCHECK

Lighting and Gadgets
詳細プロフィール

続きを見る

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーふぃる(you-films.24)

現役プロ照明マンです。 普段の写真や動画撮影時に使える照明テクニックの解説や、おすすめ照明機材、カメラ、ガジェット類の紹介をブログサイト【Lighting and Gadgets】でまとめています。Instagramの方も宜しくお願いします!

-Apple, カメラ テクニック, 家電、ガジェット
-, , , ,