アプリ、Webサービス 家電、ガジェット

LightroomとPhotoshopの違いを比較するよ!

LightroomとPhotoshopの違い

『Lightroom』と『Photoshop』
どっちも写真編集ソフトみたいだけど何が違うの?

どっちを選べば良いのかよく分からない…

カメラ女子
Adobeの写真編集ソフトである

『Lightroom』と『Photoshop』はプロの間でも1番多く使われている超有名なソフトであり、カメラマンなら必携レベルです。

『Lightroom』はレタッチに関する様々な項目がスライダーで調整可能で、非常に簡単かつ強力です。

一方『Photoshop』は『Lightroom』で出来るような写真の明るさや色の調整に加えて、写真を切り抜いたり合成したりするなど更に高度な編集も可能です。

ゆーふぃる

よく料理で例えられますが、

取ってきた野菜を綺麗に盛り付けてサラダにするのが

『Lightroom』

Lightroomでレタッチ
ゆーふぃる

取ってきた野菜を他の食材と混ぜ合わせて調理するのが

『Photoshop』といったイメージです。

Photoshopで合成編集
ゆーふぃる

ちなみにこれは下の2枚の写真を合成し、色味も馴染むように編集して作っています。

このようにPhotoshopでは写真を合成して現実ではありえない写真に仕上げる事も可能です。

Photoshopがあれば画像編集に関しては出来ないことは無いと言っても良いくらい最強のソフトです。

じゃあなんでも出来る

『Photoshop』を選んどけば間違いないのかな?

カメラ女子
ゆーふぃる

実はそうでも無いんです!

スナップや日常の写真をたくさん撮る人は

どちらかというと『Lightroom』の方がおすすめです。

どちらもハイレベルな写真の編集ができるソフトですが、それぞれ得意な事が違います。

Adobe公式サイトで各プランを比較してみる

LightroomとPhotoshopの違い

Lightroomと Photoshopの違い

Lightroomの特徴

◯Lightroom内にフォルダを作って写真の管理ができる

◯写真のレタッチという点においては簡単かつ高品質な調整が可能

◯Lightroomモバイルなら、無料版でも一部機能が使える

◯プリセットなどを利用して、大量の写真をまとめてレタッチするのに向いている

Photoshopの特徴

◯切り抜きや合成など、より高度な編集ができる

◯図形や文字の装飾でロゴデザインなども可能

◯大量の写真をまとめて編集するのではなく、1枚に注力して編集するのに向いている

Lightroomの特徴

管理機能が強力

『Lightroom』は写真の現像(レタッチ)と管理に特化しており、撮影してきた大量の写真を管理しつつまとめてレタッチするのに向いています。

Lightroomのソフト内にフォルダやアルバムを作成することができるので、

撮影してきた写真をLightroomへ取り込むことで写真の管理から編集までをまとめて作業できる事が非常に大きなメリットです。

プリセットや調整データのコピペで、複数の写真をまとめて簡単にレタッチができる

明るさやカラーなどの基本的な調整はもちろん、歪みの調整やトリミングなどあらゆる調整項目があります。

各種項目はスライダーで簡単に調整する事ができ、選択範囲やブラシによるピンポイントな調整もできます。

Lightroomの各種調整画面

また、編集設定コピーをすれば他の写真に同じ編集データをペーストして貼り付けることもできます。

同じシチュエーションの写真であれば設定をコピペして微調整すればレタッチが非常にスムーズです。

また管理画面で複数枚選択し、ペーストすることで一気に同じ編集データをまとめて貼り付けることができます。

Lightroomの編集画面
ゆーふぃる

レタッチに関する機能は十分なので、

たくさん写真を撮る人にとってはLightroomの方がスムーズな作業が出来るのでおすすめです!

編集データをプリセットとして登録することも出来るので

好きなベースカラーなどプリセットにしておけばいつでも簡単に呼び出して写真に適用することができます。

jpegならモバイル無料版でも十分なレタッチが可能

Lightroomモバイルは無料でもレタッチに関する機能はほぼ使う事が可能で、明るさやカラーなどPC版と変わらないクオリティで調整できます。

ただしRAWデータは有料版でしか扱う事ができません。

でも無料版で試せるのは嬉しい〜!

カメラ女子
ゆーふぃる

有料版と無料版の違いや、モバイル版の詳しい使い方などはこちらをご覧ください

Photoshopの特徴

切り抜きや合成などさらに高度な編集ができる

レタッチ面に関して『Lightroom』で出来る、明るさやカラーの調整などは『Photoshop』でも可能です。

ただしLightroomの様にレタッチした編集設定のコピーは出来ないので、1枚ずつ写真を読み込んで編集していく必要があります。

どちらかというと『Photoshop』は写真の切り抜きや合成を含む画像編集に特化しており、

Lightroom以上の編集機能で1枚に対して注力して編集するのに向いています。

ゆーふぃる

『写真』の編集ソフトというよりは

『画像』の編集ソフトという意味合いが強いです。

不要なものを消したり

2枚の画像を重ね合わせて合成なんかも出来ます。

文字入れや図形でアイキャッチやロゴデザインなども可能

文字の装飾や図形を組み合わせたりしてアイキャッチやロゴデザインなんかも可能です。

※Adobe公式サイトより引用

このように写真の編集だけでなく画像や作品を作ることもできるので、カメラマンというよりもクリエイターにおすすめです。

カメラマンなら『Lightroom』クリエイターなら『Photoshop』

Lightroomはこんな人におすすめ

◯たくさん写真を撮ってレタッチする人

◯合成など特殊な編集は必要ない人

◯クラウドストレージの容量が多い方が良い人

カメラマンなら
Lightroom!

Photoshopはこんな人におすすめ

◯合成や文字入れなど特殊な画像編集がしたい人

◯図形などを使用してアイキャッチやロゴデザインもしたい人

◯たくさんの写真をまとめて編集などはしない人

クリエイターなら
Photoshop!

Lightroom、Photoshop の料金、プランの違い

Lightroom、Photoshop各プラン比較表

Lightroomモバイル無料版はRAWデータの読み込みやジオメトリ、一部修正などの機能が制限されています。

ゆーふぃる

Photoshopが使いたい人は980円で両方使える『フォトプラン』がおすすめ!

Photoshop単体プランより安い!?

カメラ女子
ゆーふぃる

ストレージ容量は減りますが、モバイル版含め両方使えるので1番おすすめのプランです!

Adobe公式サイトへ >>>

ゆーふぃる

通信講座やAmazonなどを経由するとAdobeソフトを安くお得に使えますよ!

LightroomとPhotoshopの違い まとめ

同じようなソフトだと思ってたけど全然違うんだね!

カメラ女子
ゆーふぃる

自分で写真をたくさん撮る人はとりあえず管理もできる『Lightroom』は必須です!

LightroomでレタッチしたものをそのままスムーズにPhotoshopでさらに編集することもできます。

PhotoshopとLightroomの連携

このように連携機能もありますし、LightroomとPhotoshopは得意なことが全く違うので両方使い分けるのがおすすめです。

Adobe公式サイトでプランの違いを確認 >>>

Adobe公式サイトへ >>>

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他、おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー

ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

  • 一眼で撮った写真をアップ!Instagram
  • ブログ更新のお知らせなど!Twitter
  • ブログをピンにしています!Pinterest

詳細プロフィールはこちらをCHECK

Lighting and Gadgets
詳細プロフィール

続きを見る

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーふぃる(you-films.24)

現役プロ照明マンです。 普段の写真や動画撮影時に使える照明テクニックの解説や、おすすめ照明機材、カメラ、ガジェット類の紹介をブログサイト【Lighting and Gadgets】でまとめています。Instagramの方も宜しくお願いします!

-アプリ、Webサービス, 家電、ガジェット
-, , ,