家電 家電、ガジェット

動画編集向けのコントローラー|TourBox NEOで作業が爆速化

ずっと気になっていた左手デバイス「TourBox NEO」をついに購入し、実際にしばらく使ってみました。

TourBox NEO
ゆーふぃる

まずは動画編集で使ってみましたが、少し触っただけで「これは買ってよかった」と確信しました!

Adobe Premier Proで動画編集をしているのですが、とにかくノブ、ダイヤル系の使い勝手が抜群

TourBox NEO

くるくるっと回すだけで再生ヘッドを移動させ、ボタンでツールを切り替えてサクサク編集できます。

キーボードの複雑な組み合わせのショートカットを押す手間がなくなるので、作業効率が爆上がりです。

動画編集だけでなく、LightroomやPhotoshopなどの画像編集も、ボタンで触りたい項目を呼び出してノブやダイヤルでブラシやパラメーターを調整できるので

ほとんどの作業をTourBox NEOだけで完結させられます。

ブラシの調整

TourBox公式サイトより引用

パラメーターの調整

TourBox公式サイトより引用
ゆーふぃる

微妙にやりにくいマウスでのスライダー操作がスムーズになり、超快適です!

右手はトラックボールマウス、左手にTourBoxでほぼ腕を動かさず、指先のみで作業ができるので無駄な動きを省略する事ができます。

長時間の作業でも疲れにくくなりますよ!

TourBox NEOとトラックボールマウスを併用

Adobe製品だけでなく、Final Cut ProやClip Studioなど色んな編集ソフトに対応しているので

動画編集者、イラストレーター、フォトグラファーなどクリエイティブな作業をする方にとってもおすすめです。

TourBox NEOはこんな人におすすめ!
  • 動画、画像編集を効率アップさせたい
  • イラスト作成を効率アップさせたい
  • YouTuber
  • 左手デバイスに興味がある
  • キーボードショートカットを覚えるのが苦手
  • ガジェット好き
作業効率爆上げ!
楽天お買い物マラソン開催中!ポイント最大43倍!

動画/画像編集向けコントローラー「TourBox NEO」開封レビュー

Tourbox NEO

印象としては商品画像で見るよりもやや小さめで、手のひらにフィットする丁度良いサイズ感です。

ゆーふぃる

この形状はガジェット好きの心を揺さぶられますね…!

左手デバイス「TourBox NEO」の特徴

ポイント

  • 動画や画像編集の作業を効率化させるためのコントローラー
  • 基本的にはマウスやペンタブと併用する「左手デバイス」
  • ショートカットやマクロを好きなように登録できるボタンや十字キー
  • ブラシやパラメーターのスライダー調整がノブやダイヤルで超スムーズ
  • ビルトイン機能でキーボードショートカットでは再現できない操作の割り当てもできる
  • 連携設定をしておけば、各ソフトを立ち上げるだけで自動的にそのソフトに対応したプリセットに切り替わる
  • Adobe製品、Affinity Photo、Luminar AI、Clip Studio、Final Cut Pro、Davinch Resolve...etc 多くの編集ソフトに対応
  • Windows(7以降)、Mac(OS 10.10以降)どちらにも対応
  • PCとの接続はUSB-Cによる有線
  • スマホ、タブレットには対応していない

LightroomやPhotoshopなどは初めから基本操作が割り当てられたプリセットが存在し、それをベースにカスタマイズすることもできます。

また、各ソフトのプリセットを公式サイトからダウンロードすることも可能です。

TourBox NEOの外箱/内容物

外箱は黒で、思ったよりもコンパクト。

早速開封して中身を確認していきましょう。

TourBox NEO 内容物一覧

内容物 一覧

  • TourBox NEO本体
  • USB-A to C ケーブル
  • キャリーバッグ
  • クロス
  • 説明書

TourBox NEO本体の外観、重量

本体は手のひらにフィットする丁度良いサイズ感で、重量も370gと安定感があります。

TourBox NEO

PCとの接続はUSB-Cです。

付属のケーブルはUSB-A to C。

ゆーふぃる

自分はMacBookを使っているので、別で用意したUSB-Cケーブルを使用しています。

裏側には滑り止めが付いていて、触っていてもズレたりせず安定しています。

TourBox NEOのスペック

サイズ116 × 101 × 44mm
重量370g
作動電圧5V
対応システムWindows(7以降)、Mac(OS10.10以降)
※スマホ、タブレットは非対応
ボタン数ボタン×11、ホイール×1、ダイヤル×1、ノブ×1

絶妙に押しやすい配置にあるボタンが11個と、ホイール、ダイヤル、ノブを押し込んでクリックも含めると14個。

更にボタンの同時押しやダブルクリックも合わせると、最大42個のショートカットを割り当てられます。

Premier カット編集用プリセット

またショートカットコマンドだけでなく、コマンドを複数回実行させる「マクロ」を作って割り当てることもできます。

例えばPhotoshopで下のマクロを組んでみます。

クイック選択ツール(W)→カーソル位置で左クリック→クイックマスクモード切り替え(Q)

このマクロを組むことで、切り抜きたい被写体にカーソルを合わせてワンクリックで自動選択してクイックマスクモードに切り替えられます。

Tourbox マクロ設定
ゆーふぃる

よく使う動作を組んでおけば時短になります

動画編集の作業効率を上げるコントローラー TourBox NEOの使い方

実際に触ってみて特に向いているなと思ったのが動画編集。

とてもスムーズに、サクサク編集することができます。

Adobe Premier ProでTourbox NEOを使ってみる

僕の使っているボタン割り当てはこちら。

複数ボタンの割り当ても含めるともう少しあります。

ガイド表示画面

ノブで再生ヘッドを動かし、ノブを押し込むと再生。

トールボタンで編集点を追加してショートボタンでリップル削除。

十字キーの左右でイン点とアウト点を打てます。

ゆーふぃる

とにかくノブ、ダイヤル系が使いやすくて感動です

実際にPremier Proで使用しているシーンを撮影してみたので、ぜひご覧ください↓

※編集している動画素材はPixelsより拝借しております。

画像編集の作業効率を上げるコントローラー TourBox NEOの使い方

TourBox NEOは動画だけでなく、画像編集の際も便利に使うことができます。

LightroomでTourBox NEOを使ってみる

「Lightroom CC」はビルトイン機能が対応していないので注意が必要です。

キーボードショートカットの割り当てには反応するので、ツールの切り替えなどには使用できますが、

TourBoxを最大限活かすには「Lightroom Classic」の使用がおすすめです。

ポイント

Lightroom CCはクラウド型でPC、タブレット、スマホで連携して作業ができます。

一方Lightroom ClassicはPCのみに対応していますが、機能面では充実しています。

2つの違いに関しては「iPadでレタッチのススメ」の記事をご覧ください。

Lightroomで使っているボタン割り当てはこんな感じ

ボタンで各項目を選択して、ノブでスライダーの操作が出来るので超快適です。

公式サイトマニュアルより引用

PhotoshopでTourBox NEOを使ってみる

Photoshopではブラシの調整ツールの切り替えなどに使うのが便利です。

公式サイトマニュアルより引用
公式サイトマニュアルより引用

ツールを左手で次々と変えて、ブラシの調整もダイヤルやノブで出来るので、効率的にサクサク編集できます。

TourBox NEOの設定

設定方法自体は簡単で、割り当てたいボタンを押すとコマンド一覧が出てくるので選ぶだけ。

公式サイトマニュアルより引用

実際にキーボードショートカットを押すことで検索もできますし、一覧になければ自分で登録することも可能です。

Tourbox割り当て設定画面

同じソフトでも複数のプリセットを作ってカット編集時のプリセット、カラー編集時のプリセットをボタン一つで切り替えて使うことも可能です。

ゆーふぃる

両手じゃないと押せないキーボードショートカットもワンボタンに!

PremierだけでなくFinal Cut ProやDavinch Resolveなどでも使用できます。

作ったユーザープリセットはインポートやエクスポートも可能で、公式サイトにアップロードされているものもあります。

公式サイトのプリセットダウンロードページより引用
ゆーふぃる

ただ、残念ながら日本語のものは少なかったです。

しかし結局ボタン配置などを覚えなければいけないので、手間はかかりますが自分で作った方が使いやすいと思います。

また、ガイド表示をボタンに割り当てておけば、いつでもサッと確認ができるのが便利です。

ガイド表示画面

動画編集向けのコントローラーTourBox NEOのメリットとデメリット

編集ソフト以外にもSafariやChrome等のショートカットを組むこともできますが、それだけのために買うのはあまりオススメできません。

しかし、動画や画像編集、イラスト作成などのクリエイティブな作業が多い人は作業効率がグンと上がり快適になるので、本当におすすめです。

メリット(良い点)
デメリット(惜しい点)
  • 編集作業の効率が上がる
  • 長時間の作業でも疲れにくい
  • オートスイッチの連携が便利
  • 使いこなすまでに時間がかかる
  • 設定に手間がかかる
  • 指紋や油が目立つ

TourBox NEOのデメリット(惜しい点)

デメリットは上でまとめた通り、設定関係のわずらわしさです。

設定して使いこなすまでに時間がかかる

一度設定してボタン配置を覚えてしまえば、効率的に作業を進めることができます。

しかし各ソフトの設定にはそれなりに時間がかかります。

プリセットも配布されていますが、結局自分でカスタマイズした方が使いやすいですし、ボタンの配置も覚えられるので

面倒ですが自分で設定することをオススメします。

ゆーふぃる

ガイド表示でサッと割り当ての確認もできるので、よく使うものを覚えるだけでも十分です

指紋や脂が目立つ

艶消しのマットなブラックなのですが、使っていると指紋や脂が付いてしまい、まぁまぁ目立ちます。

使い終わったらウェットティッシュやクロスで拭いてもいいかもしれません。

ゆーふぃる

付属のクロスでもいいですが、エレコムの静電気抑制クロスが埃も付きにくく、汚れもよく取れるのでおすすめ!

TourBox NEOのメリット(良い点)

最初の設定は時間がかかりますが、一度設定してしまえば恩恵はかなり大きいです。

一度使うとTourBox NEO無しでの作業は考えられなくなるほど便利です。

編集作業の効率が上がり、疲れにくい

複雑なキーボードショートカットも簡単に使えますし、キーボードショートカットでは再現できない機能もあります。

無駄な手の動きも減るので、長時間の作業も疲れにくくなるのもメリットです。

とにかく快適に作業ができるので、効率アップで時短にもなります。

オートスイッチの連携が便利

色んなソフトで並行作業しても、オートスイッチ設定をしていれば、ソフトを切り替えるだけでTourBoxのプリセットも連携して切り替わります。

ゆーふぃる

これがとっても便利!

Lightroomで編集した画像をPhotoshopで更に追い込む時も、ソフトを立ち上げるだけで一瞬でプリセットが変更されるので、Tourbox側で切り替える必要はありません。

また同じソフトで複数のプリセットを作っていても、「プリセット切り替え」ボタンを割り当てておけば簡単に切り替えられます。

公式サイトマニュアルより引用

画像・動画編集を効率化するコントローラーTourBox NEOのレビューまとめ

TourBox NEOはこんな人におすすめ!
  • 動画、画像編集を効率アップさせたい
  • イラスト作成を効率アップさせたい
  • YouTuber
  • 左手デバイスに興味がある
  • キーボードショートカットを覚えるのが苦手
  • ガジェット好き
作業効率爆上げ!

編集作業の効率化を測りたい人には心からおすすめします。

サイズ感や重量も手のひらにフィットして安定感があり、ノブやダイヤル、ホイールも使いやすいです。

少なくとも僕は編集スピードがかなり上がったので、本当に買ってよかったと思っています。

楽天お買い物マラソン開催中!ポイント最大43倍!

Amazonでお得に買い物するなら

普通にAmazonで購入するよりも、Amazonギフト券にチャージしてから買い物するだけでお得にポイントを貰えます

Amazonチャージでお得に購入
通常会員プライム会員
90,000円以上2.0%2.5%
40,000円以上1.5%2%
20,000円以上1%1.5%
5000円以上0.5%1%
※クレジットカードでのチャージは対象外です

Amazonギフト券をチャージする

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他、おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー

ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

  • 一眼で撮った写真をアップ!Instagram
  • ブログ更新のお知らせなど!Twitter
  • ブログをピンにしています!Pinterest

詳細プロフィールはこちらをCHECK

Lighting and Gadgets
詳細プロフィール

続きを見る

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
Summary
Aggregate Rating
no rating based on 0 votes
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーふぃる(you-films.24)

現役プロ照明マンです。 普段の写真や動画撮影時に使える照明テクニックの解説や、おすすめ照明機材、カメラ、ガジェット類の紹介をブログサイト【Lighting and Gadgets】でまとめています。Instagramの方も宜しくお願いします!

-家電, 家電、ガジェット