ライティング(照明) 撮影テクニック

【点光源】【面光源】②光の質を変えるポイント

光の質を変えるポイント

前回の記事で光の質(硬い、柔らかい)と点光源と面光源の関係について書きました。

↓前回記事

今回も点光源、面光源についてもう少し解説していきます。

距離と光の質の関係

たしか光源が小さい点光源だと硬い光で、

大きな面光源になれば柔らかい光になるんだよね!

カメラ女子
ゆーふぃる

そうそう!

でも光源の大きさの他に、もうひとつ光の質を変えるポイントがあるんです。

それは被写体から光源までの距離です。

どう変わるかと言うとズバリ

被写体から光源までの距離が遠いと硬く、近いと柔らかくなります。

なんで距離が遠いと硬くなるの?

カメラ女子

なんでも良いのですが、物って遠くにあるものは小さく見えるし近くにあるものは大きく見えますよね?

例えばどれだけ大きなビル等などでも、遠くから見れば手のひらサイズに見えます。


被写体にとっての光源も同じで近くにあれば大きな面になるし、遠くなる程小さな点になるのです。

光源と被写体との距離による光の質の変化

なのでいくらディフューザー越しで柔らかくしたつもりのライトでも、被写体から離れれば離れるほど点光源になって結局硬くなってしまいます。


ドラマの現場等では、カメラにギリギリ見切れない距離までなるべく照明を近づけている事が多いです。

俳優さんの顔のアップの1ショットでは、顔の目の前までカポック(レフ板の一種で白い発泡スチロールの板)を近づけている事が多々あります。

それはなるべく大きな面光源にして柔らかくし、余計な影を出さないようにするためです。

反射率、透過率と光の質の関係

前回、撮影用のボックスやストロボのソフトボックス、アンブレラを使うことにより、

面光源にして柔らかくしていると書きました。

透過させたり反射させたりして光源を大きな面にしているんだよね

カメラ女子

光の質は透過させる素材によっても変化します。

薄いビニールのようなものであれば光の透過率が高くあまり拡散しないのでやや硬めですが、ストロボのアンブレラ等のディフューザーや乳半のアクリルなどであれば透過率が低くなり高拡散になっていきます。


ディフューザーなどの透過光は透過する素材が濃くなれば拡散率が上がり柔らかくなりますが、そのぶん透過率が落ちるため光の強さも弱くなります。

ゆーふぃる

拡散率の高い、濃い素材を透過させるほどやわらかくなるけど、光量は弱くなるんだね。

他には反射させる素材によっても変化します。

鏡の場合であれば(鏡にもよりますが)反射率は大体90%以上と言われており、正反射するので「光の柔らかさ」という点で見れば見た目にはあまり変わりません。

シルバーのレフ板と白いレフ板等では拡散反射するので柔らかくなりますが、

シルバーの方が反射率が高く硬めの光、白ければ拡散率が上がり柔らかくなります。

もちろんレフ板も大きくなればなるほど面光源になるので大きさに比例して柔らかくなっていきます。

まとめ

2回に渡り光の質と点光源、面光源について解説してきましたが、最後にもう一度まとめると

ポイント

  • 光源が小さな点であり、被写体から遠いほど光は硬くなる。
  • 光源が大きな面であり、被写体から近いほど柔らかくなる。
  • 拡散率の高いものを透過したり反射する事によっても柔らかくなる。

点光源、面光源はポートレート必須テクニックのキャッチライトにも関係があります。

こちらもチェック


分かりにくい点などがあればコメントやお問い合わせフォーム、

InstagramのDMなどでもご質問お受けしますので、遠慮なくお問い合わせください。

分かる範囲のことでしたらお答えさせていただきます。

長くなりましたがいかがでしたでしょうか?

次回は三点照明と光の質などを活かして食べ物の写真を上手く撮るコツを解説します。

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他、おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー

ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

  • 一眼で撮った写真をアップ!Instagram
  • ブログ更新のお知らせなど!Twitter
  • ブログをピンにしています!Pinterest

詳細プロフィールはこちらをCHECK

Lighting and Gadgets
詳細プロフィール

続きを見る

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーふぃる(you-films.24)

現役プロ照明マンです。 普段の写真や動画撮影時に使える照明テクニックの解説や、おすすめ照明機材、カメラ、ガジェット類の紹介をブログサイト【Lighting and Gadgets】でまとめています。Instagramの方も宜しくお願いします!

-ライティング(照明), 撮影テクニック
-, , , ,