家電、ガジェット 照明機材

コンパクト定常光ライト|プロのおすすめ8選!YouTubeや動画配信に!

LED定常光おすすめ8選|テレビ局の照明さんおすすめ

YouTubeの撮影とか動画配信用に使いやすいコンパクトなライトが知りたいの

カメラ女子
ゆーふぃる

テレビ局で働くプロの照明さんがおすすめを8個チョイスしました!

夜のポートレートや室内での物撮り、YouTubeの撮影、リモート会議用などに使い勝手の良いコンパクトなLEDの定常光ライトの使い方と

おすすめのライトをランキング形式で紹介します!

すぐにおすすめが知りたい方はこちらから 3位まで一気にジャンプ!

LED定常光ライトは動画撮影にも使えるのでYouTubeや動画配信などにもおすすめ

Youtube等の動画撮影には定常光ライトしか使えない

写真用のストロボはシャッターを押す瞬間しか光らないので、動画を撮影する場合は光り続ける『定常光』のライトしか使用できません

写真だけでなく動画も撮影する方でしたら定常光一択になります。

ゆーふぃる

最近はLEDタイプでバッテリー使用可能なものがたくさん出ているのでおすすめですよ!

コンパクトLEDライト

写真の場合でもストロボは一瞬しか光らないので慣れるまで調整が難しいですが、

LEDなどの場合ライトを当てながら角度や光量などを決められるため、

初心者の方には定常光の方が扱いやすいかもしれません。

LED定常光ならアクセサリー無しでオフカメラ・ライティングが可能

ストロボの場合ホットシューから外してオフカメラ・ライティングをしようと思うと

「トランスミッター」や「シンクロコード」と呼ばれるものが別途必要ですが、

LEDライトなら何も繋いだりせずそのままオフカメラ・ライティングが可能です。

ゆーふぃる

オフカメラ・ライティングとは、ライトをカメラから切り離して使うテクニックです。

カメラの上に付けるだけでは光を当てる角度が制限されますが、カメラから離して使うことにより照明表現が段違いに幅広くなります!

そのため物撮り等される方はストロボを複数買ってオフカメラライティングをするよりも、コンパクトなLEDライトを揃えた方がお財布にも優しいです。
コンパクトでコスパの良いLEDなら5000円以下で買える物もたくさんあります。

最近増えたリモート会議の時に手軽に使える照明が欲しい方にもおすすめです。
ライトが有るのと無いのでは印象が全然違いますよ!

こんな人におすすめ!
  • YouTubeの撮影をする
  • 動画配信やリモート会議で顔色をよく見せたい
  • 料理や商品の撮影をする
  • ブログやSNS用の写真を綺麗に撮りたい
  • 夜のポートレートで手軽に使えるライトが欲しい
  • 手軽にオフカメラ・ライティングをしてみたい
ライトが1つあるだけでクオリティが
グッと上がるよ!

コンパクトなLED定常光|プロのおすすめ8選

定常光ライトおすすめ8位【Neewer テーブルトップ66 LEDビデオライト】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • 2灯セットで5000円以下はコスパ抜群
  • ミニ脚付き
  • これがあれば配信やフリマアプリの商品撮影くらいなら全然OK!
コスパ重視!
ココがBad!
  • 色温度(光の色味)が変更できない
  • 明るさ調整がダイヤルでなくボタン式なのでやりにくい
  • 付いてくるフィルターも赤、緑、青と普段使いには微妙(色温度調整フィルターなら良かった)
細かい調整はNG
ゆーふぃる

色温度についてはこちらをチェック!

定常光ライトおすすめ7位【VIJIM VL-1】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • 5000円以下で手に入る
  • 色温度が変更可能
  • 演色性(色の再現性)が高い
コスパ重視!
ココがBad!
  • ディフューザー(拡散フィルター)が付いていないので光が硬い
  • Max600lmともう少しパワーが欲しい
明るさがイマイチ

定常光ライトおすすめ6位【VIJIM VL-81】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • 色温度変更可能
  • かなりコンパクト
  • このサイズにしては明るさもそこそこ
  • ちょい足しの補助光としてとりあえず1個持っとくと便利
サブライトとして
ココがBad!
  • メインライトとしては光量不足
    (リモート会議などであれば十分)
  • 商品により色味のバラつき見られる
この値段なら
致し方なし

定常光ライトおすすめ5位【Ulanzi VL-49】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • なんと3000円以下
  • フルカラー対応
  • かなりコンパクトでポケットにも入れておける
  • マグネット付き
  • このサイズにしては明るさもそこそこ
  • ちょい足しの補助光としてとりあえず1個持っとくと便利
とりあえず
1個買っとこう
ココがBad!
  • メインライトとしては光量不足
    (リモート会議などであれば十分)
  • 安いので耐久性が良いとは言えない
この値段なら
致し方なし

定常光ライトおすすめ4位【Elgato Key Light】

総合通販PREMOA 楽天市場店
¥25,109 (2021/09/02 14:38時点 | 楽天市場調べ)
価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • デスクに取り付けられるクランプとポール付き
  • 2800lmと十分過ぎるほどのパワー
  • 色温度調整可能
  • オパールガラスのディフューザーで光も美しく柔らかい
  • Wi-Fiに繋ぐとデスクトップのアプリでワイヤレス調整ができる
  • 配信用のライトとしては最高級クラス
配信用なら
トップクラス!
ココがBad!
  • デスク用として特化した作り
  • そこそこ大きいのでかさばる
  • 少しお高め
  • 配信用特化なので写真などにはやや扱いづらいか
置いとく場所考えなきゃ
ゆーふぃる

Stream Deckというコントローラーを買うとライトも含め簡単に配信に必要なものが一括で連携操作出来ます。

動画配信者に超おすすめです!

※光が柔らかいとは影がボケて薄い状態の光です。

柔らかい光のライトだと顔の影が目立たず美しく見せることができます。

詳しくは↓の記事をチェック!

定常光ライトおすすめ3位【Pavotube 6C】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • スティック型で物撮りからポートレートまで使いやすい
  • フルカラーで色味も美しい
  • 光がそこそこ柔らかい
  • サイズ(長さ)違いの商品もある
  • エフェクトも内蔵
  • ナイトポートレートではスティック型なので写真に映り込んでも自然
スティック型も使いやすいよ
ココがBad!
  • Pavotube Ⅱ 6Cはバッテリーが明るさ100%で65分しか持たない
  • エフェクトの調整が少し難しい
長いタイプは少し高い

他と違いスティックタイプのLEDライト。

スティック型のため手持ちなどでも使いやすいです。

ゆーふぃる

仕事でも長いタイプを使っていますが、めちゃくちゃおすすめです。

6Cが25cm、15Cが77cm、30Cが117cmとなっており、30Cならかなり明るいです。

VLOGで有名なAUXOUTさんも使用されているそうですよ。

6Cバッテリーが少し弱めですが、モバイルバッテリーで充電しながら使用する事もできます。

定常光ライトおすすめ2位【Pixel G1S】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • コンパクトなのに明るさは十分!
  • 簡易スタンドで角度調整可能
  • フルカラー対応
  • 12種のエフェクト内蔵
  • Amazonのセール時は7000円以下まで下がる
我が家のスタメン
ココがBad!
  • ディフューザーが付いていないので光は硬い
  • 簡易スタンドがすこし緩みやすい
スタンド便利なんだけどね
ゆーふぃる

このG1Sをメインに5位で紹介したVL−49をサブライトとして撮影した写真がこちら

フルカラーなので色味も簡単に変えられるのが良いですね

ライトを使った商品撮影

このライトを使って物撮りのライティングのコツを解説してみました!

定常光ライトおすすめ1位 【Aputure AL-MC】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • コンパクトなのに明るさは十分!
  • フルカラー対応
  • 9種のエフェクト内蔵
  • ディフューザー付きで光を柔らかくできる
  • 背面マグネット付き
  • Bluetooth接続でスマホアプリ【Sidus Link】によるワイヤレス調光も可能
  • 持ち運び用ソフトケース付き
  • バッテリー残量も数値で表示されるので分かりやすい
プロの現場でも大活躍
ココがBad!
  • 充電しながら使用できない
これができたら完璧なのに
ゆーふぃる

仕事でも多用している1番おすすめのライトです!

Aputureの製品は見た目がカッコイイのもGood!

背面にマグネットが付いていたり、取り外し可能なディフューザーカバーで光も柔らかく美しいです。

色味も非常に良く、明るさもこのサイズとしては十分パワフルです。

YouTubeより参考動画 Aputure 公式プロモーションムービー

動画配信やYouTube撮影でのLED定常光ライトの使い方

デスクなどにカメラを置いて撮影する場合はそのカメラの少し斜め上にライトが来るように設置しましょう。

軽量のスタンドなどがあると便利です。

コンパクトなLEDライトは1/4ネジ穴というカメラなどと同じ規格のネジ穴が空いているものが多いです。

カメラなどと同じ規格のネジ式アクセサリーは使いまわせます。

テーブルにクランプで付けられるものなどもありますね。

1/4ネジが使えるので、ミニ三脚でカメラとライトを使い回すという手もあります!

ゆーふぃる

LEDライトをそのまま直射すると光が硬いので、前が白壁であれば壁に当てて反射にするのがおすすめ!

直射すると光が硬い

直射すると光が硬い
直射すると光が硬い
光が硬いと?

光が硬いと鼻の影や首の影などがシャープにきつく出てしまいます。

蛍光灯のみよりはマシですが、コンパクトなLEDをそのまま使うと

どうしても光が硬くなってしまうので、少しキツい印象になってしまいます。

ミッフィーの顔にも陰影が出来てしまっていますね

壁に反射させて光を柔らかくする

壁反射にして光を柔らかくする
壁反射にして光を柔らかくする
光が柔らかい

光というものは発光面が大きければ大きいほど柔らかくなります。

目の前の白い壁などに反射させれば、発光面が大きくなり光が柔らかくなります。

柔らかい光になると鼻や髪の毛などの影が薄まり、柔らかい印象を与えることができます。

顔色が良く見えて印象もアップ!

コンパクトLED定常光ライトのおすすめまとめ

最近のコンパクトなLEDの定常光ライトはバッテリーで使用できる上に軽量で持ち運びもしやすく、室内や夜の撮影などであれば充分な光量があるものも多いので、1つ、2つ持っておくと撮影のクオリティが格段にあがりますよ。

万能なコンパクトライトが欲しい人

Aputure ALーMC or Pixel G1S がおすすめ!

がっつりデスクで動画配信をする人

Elgato Key Light がおすすめ!

Stream Deck で更に便利に!

ちっちゃいサブライトが欲しい人

Ulanzi VL-49 がおすすめ!

Amazonでライトを探してみる>>>

値段も1台3000円〜1万5千円くらいで手に入るので、ストロボを買ってトランスミッターやシンクロコードを繋いだりして多灯ライティングをするよりもずっと手軽に手頃な値段で楽しむことができます。

YouTubeや動画配信におすすめなライトは
こちらの記事も参考に!

ライティングの方法は他の記事でもまとめていますので、LEDライトを買われた方はぜひこちらの記事で使い方も参考にして頂けると幸いです

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他、おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー

ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

  • 一眼で撮った写真をアップ!Instagram
  • ブログ更新のお知らせなど!Twitter
  • ブログをピンにしています!Pinterest

詳細プロフィールはこちらをCHECK

Lighting and Gadgets
詳細プロフィール

続きを見る

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーふぃる(you-films.24)

現役プロ照明マンです。 普段の写真や動画撮影時に使える照明テクニックの解説や、おすすめ照明機材、カメラ、ガジェット類の紹介をブログサイト【Lighting and Gadgets】でまとめています。Instagramの方も宜しくお願いします!

-家電、ガジェット, 照明機材
-,