コンパクト定常光ライト|プロ照明マンが選ぶおすすめ8選!

LED定常光おすすめ8選|テレビ局の照明さんおすすめ

YouTubeの撮影とか動画配信用に使いやすいコンパクトなライトが知りたいの

ゆーふぃる

テレビ局で働くプロの照明さんがおすすめを8個チョイスしました!

夜のポートレートや室内での物撮り、YouTubeの撮影、リモート会議用などに使い勝手の良いコンパクトなLEDの定常光ライトの使い方と、おすすめのライトをランキング形式で紹介します!

すぐにおすすめが知りたい方はこちらから 3位まで一気にジャンプ!

著者の紹介
  • テレビ局で働くプロ照明マン歴10年以上
  • スタジオでのバラエティや商品撮影、ロケ、ドラマなどの照明を担当
  • 所有カメラはSONY α7ⅲ、FX30
  • 私物のライトや撮影機材もどんどん増えてる
ゆーふぃる

ゆーふぃる

読んで分からないポイントは、お気軽にコメントやお問合せからご連絡ください!

この記事はアフィリエイト広告を含みます。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

ブログ「ライガジェ!」ではCookieを利用したアフィリエイトリンクを使用することで収入を得ています。

Cookieを無効にすることでデータ収集を無効にすることもできますし、Cookieは個人を特定するものではございません

また誇大広告にならないよう表現には注意し、私の感じたデメリットなどもしっかりお伝えすることを心がけております。

ブログを運営するための経費やモチベーションに繋がりますので、ご理解いただければ幸いです。

目次

動画撮影にはLED定常光ライトがおすすめ

動画撮影には定常光ライトしか使えない

写真用のストロボはシャッターを押す瞬間しか光らないので、動画を撮影する場合は光り続ける『定常光』のライトしか使用できません

写真だけでなく動画も撮影する方でしたら定常光一択になります。

ゆーふぃる

最近はLEDタイプでバッテリー使用可能なものがたくさん出ているのでおすすめですよ!

コンパクトLEDライト

写真の場合でもストロボは一瞬しか光らないので慣れるまで調整が難しいですが、

LEDの場合はライトを当てながら角度や光量などを決められるため、

定常光の方が扱いやすく初心者の方にもおすすめです。

LED定常光ならアクセサリー無しでオフカメラ・ライティングが可能

ストロボの場合ホットシューから外してオフカメラ・ライティングをしようと思うと

「トランスミッター」や「シンクロコード」と呼ばれるものが別途必要ですが、

LEDライトなら何も繋いだりせず、単体でそのまま使用が可能です。

ゆーふぃる

オフカメラ・ライティングとは、ライトをカメラから切り離して使うテクニックです。

カメラの上に付けるだけでは光を当てる角度が制限されますが、カメラから離して使うことにより照明での表現が段違いに幅広くなります!

そのため物撮り等される方はストロボを複数買ってオフカメラライティングをするよりも、コンパクトなLEDライトを揃えた方がお財布にも優しいです。

ゆーふぃる

コンパクトでコスパの良いLEDなら5000円以下で買える物もたくさんありますよ!

最近増えたリモート会議の時に手軽に使える照明が欲しい方にもおすすめです。

ライトが有るのと無いのでは印象が全然変わるのでぜひ試してみてください。

こんな人におすすめ!
  • YouTubeの撮影をする
  • 動画配信やリモート会議で顔色をよく見せたい
  • 料理や商品の撮影をする
  • ブログやSNS用の写真を綺麗に撮りたい
  • 夜のポートレートで手軽に使えるライトが欲しい
  • 手軽にオフカメラ・ライティングをしてみたい
クオリティ爆上げ!

コンパクトなLED定常光|プロのおすすめ8選

定常光ライトおすすめ8位【MIGABER LEDライト】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • スタンド一体型で4000円以下
  • スマホホルダーも付いている
  • 普通のリングライトに比べ面光源なので柔らかく影が目立ちにくい
  • これがあれば配信やフリマアプリの商品撮影くらいなら全然OK!
コスパ重視!
ココがBad!
  • 色温度(光の色味)が5段階
  • 明るさ調整がダイヤルでなくボタン式なのでやりにくい
細かい調整はNG

定常光ライトおすすめ7位【Ulanzi VL-49 RGB PRO】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • コスパ抜群の超小型ライトにPRO版が登場
  • PRO版はディフューザーが付属
  • フルカラー対応
  • かなりコンパクトでポケットにも入れておける
  • マグネット付き
  • このサイズにしては明るさもそこそこ
  • ちょい足しの補助光としてとりあえず1個持っとくと便利
とりあえず
1個買っとこう
ココがBad!
  • メインライトとしては光量不足
    (リモート会議などであれば十分)
  • 安いので耐久性が良いとは言えない
この値段なら
致し方なし
ゆーふぃる

ディフューザーの付いていないさらに安いモデルはこちら

定常光ライトおすすめ6位【YINGNUOST RGB LEDビデオライト】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • 薄型でキャリングケース付き
  • CCT(色温度)が2500K〜9900Kでフルカラーにも対応と幅広い
  • モバイルバッテリーとしても使える
コスパ重視!
ココがBad!
  • ディフューザー(拡散フィルター)が付いていないので光が硬い
  • PD規格の充電器には非対応
  • 調整ダイヤルがやや操作しづらい
明るさがイマイチ

定常光ライトおすすめ5位【MOMAN ML8ADC】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • フルカラー、エフェクト搭載
  • モバイルバッテリーにもなる
  • 背面マグネット搭載
  • ディフューザーも付いている
バランスよし
ココがBad!
  • PD規格の充電器には非対応
ここが惜しい

定常光ライトおすすめ4位【Zhiyun M40】

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • ジンバルで有名なZhiyunから出たこのサイズで40Wという超明るいコンパクトライト
  • 同じサイズのライトからすると桁違いに明るい
衝撃の明るさ
ココがBad!
  • Zhiyunのライトは低光量にすると色味が安定しない
  • バッテリーの持ちが30分程度
  • サイズのわりに重い
  • 2700K〜6200Kのバイカラーと調色範囲は狭め
色味さえ改善されれば…
ゆーふぃる

Zhiyunのスマホより少し大きいサイズながらも衝撃の100W出力というMolus X100もレビューしています

定常光ライトおすすめ3位【Pavotube 6C】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • スティック型で物撮りからポートレートまで使いやすい
  • フルカラーで色味も美しい
  • 光がそこそこ柔らかい
  • サイズ(長さ)違いの商品もある
  • エフェクトも内蔵
  • ナイトポートレートではスティック型なので写真に映り込んでも自然
スティック型も使いやすいよ
ココがBad!
  • Pavotube Ⅱ 6Cはバッテリーが明るさ100%で65分しか持たない
長いタイプは少し高い

他と違いスティックタイプのLEDライト。

スティック型のため手持ちなどでも使いやすいです。

ゆーふぃる

仕事でも長いタイプを使っていますが、めちゃくちゃおすすめです。

6Cが25cm、15Cが77cm、30Cが117cmとなっており、30Cならかなり明るいです。

VLOGで有名なAUXOUTさんも使用されているそうですよ。

6Cはバッテリーが少し弱めですが、モバイルバッテリーで充電しながら使用する事もできます。

ゆーふぃる

細かい使い勝手はNANLITEに軍配があがりますが、Ulanziから似たような安いモデルも出ていますのでこちらもおすすめ

定常光ライトおすすめ2位【Pixel G1S】

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • コンパクトなのに明るさは十分!
  • 簡易スタンドで角度調整可能
  • フルカラー対応
  • 12種のエフェクト内蔵
  • バランスの取れた性能で最初の1台にもおすすめ
我が家のスタメン
ココがBad!
  • ディフューザーが付いていないので光は硬い
  • 簡易スタンドがすこし緩みやすい
スタンド便利なんだけどね

このG1Sをメインに7位で紹介したVL−49をサブライトとして撮影した写真がこちらです。

フルカラーなので色味も簡単に変えられるのが良いですね

ライトを使った商品撮影

このライトを使って物撮りのライティングのコツを解説してみました!

定常光ライトおすすめ1位 【Aputure MC Pro】

ゆーふぃる

旧モデルはこちら

価格
安い
高い
明るさ
暗い
明るい
サイズ
小さい
大きい
おすすめ度
イマイチ
おすすめ!
ココがGood!
  • 新モデルになって明るさ4倍に!
  • フルカラー、エフェクトに対応
  • 2種類のマグネットディフューザーで光を柔らかくできる
  • 背面マグネット付き
  • Bluetooth接続でスマホアプリ【Sidus Link】によるワイヤレス調光も可能
  • 持ち運び用ソフトケース付き
  • バッテリー残量も数値で表示されるので分かりやすい
プロの現場でも大活躍
ココがBad!
  • サイズにしては価格が高め
プロ使用なので値段は致し方なし

仕事でも多用している1番おすすめのライトです。

ゆーふぃる

Aputureの製品は見た目がカッコイイのもGood!

背面にマグネットが付いていたり、新モデルになって取り外し可能な2種類のディフューザーカバーがマグネットで簡単につけ外しができるようになりました。

薄い平面のディフューザーとドーム型のディフューザーの2種類がついています。

色味も非常に良く、明るさもこのサイズとしては十分パワフルです。

また単体でCRMXというワイヤレスDMX規格にも対応しており、プロの現場でも大活躍します。

価格は他に比べ高いですが、Aputure製品はプロ業界でも非常に評価が高く品質は間違いありません。

LED定常光ライトの使い方

ライトを買う場合、他に必要なものはライト用のスタンドです。

ゆーふぃる

デスクの上にライトを置くなら短いスタンドもあります

コンパクトなLEDライトは1/4ネジ穴というカメラなどと同じ規格のネジ穴が空いているものが多いです。

カメラなどと同じ規格のネジ式アクセサリーは使いまわせますね。

他にはテーブルにクランプで付けられるものなどもあります。

ライトは壁やレフ板に反射させて使うのがおすすめ

ゆーふぃる

LEDライトをそのまま直射すると光が硬いので、前が白壁であれば壁に当てて反射にするのがおすすめ!

直射すると光が硬い
直射すると光が硬い
直射すると光が硬い
光が硬いと?

光が硬いと鼻の影や首の影などがシャープにきつく出てしまいます。

蛍光灯のみよりはマシですが、コンパクトなLEDをそのまま使うと

どうしても光が硬くなってしまうので、少しキツい印象になってしまいます。

ミッフィーの顔にも陰影が出来てしまっていますね
壁反射にして光を柔らかく
壁反射にして光を柔らかくする
壁反射にして光を柔らかくする
光が柔らかい

光というものは発光面が大きければ大きいほど柔らかくなります。

目の前の白い壁などに反射させれば、発光面が大きくなり光が柔らかくなります。

柔らかい光になると鼻や髪の毛などの影が薄まり、柔らかい印象を与えることができます。

顔色が良く見えて印象もアップ!

物撮りなどに使用する場合はレフ板も用意しておくと便利です。

コンパクトLED定常光ライトのおすすめまとめ

最近のコンパクトなLEDの定常光ライトはバッテリーで使用できる上に軽量で持ち運びもしやすく、室内での物撮りや夜の撮影などであれば充分な光量があるものも多いので、1つ、2つ持っておくと撮影のクオリティが格段にあがりますよ。

ゆーふぃる

こちらではYouTube撮影のジャンル別でおすすめをあげています

ライティングの方法は他の記事でもまとめていますので、LEDライトを買われた方はぜひこちらの記事で使い方も参考にして頂けると幸いです。

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他

おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー
ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

一眼で撮った写真をアップ

Instagram

ブログ更新のお知らせ等

Twitter

ブログをピンにしています

Pinterest

ライティング解説動画をアップしています。チャンネル登録お願いします!

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 小物やガジェットの物撮り用にコンパクトなLEDライトを検討しているので参考になりました。ありがとうございます。
    現在はGODOX LED6Biを持っているのですが別のライトも試してみたいと思い、
    Pixel G1SかPavotube II 6Cのどちらかが欲しいのですが迷っています。
    Pavotubeはこれまでのものと違うスティックタイプで試してみたい気持ちがあるのですが、
    記事を拝見したところでは使い勝手の良いメインライトとしてはG1Sの方が良さそうにも見えました。
    もしよろしければご意見をいただけないでしょうか?

    • ぺつ様
      コメントありがとうございます。
      Pavotube Ⅱ 6Cも小物の撮影にはかなり便利ですし、スティック型なので映り込みも縦スジ状になり目立ちにくいといったメリットもあります。

      ですが今お使いのものがGodox LED6Biでもう少し光量のあるライトをという感じですと、仰る通り何かと使いやすいのはPixel G1Sかなという感じですね。
      あとはA3サイズのレフ板があれば、被写体の横にレフ板を建ててPixel G1Sを反射させるだけでも割といい感じになるかと思います。

      あくまで個人的な意見ですが、とりあえずPixel G1Sは持っておいて、またサブとしてライトが欲しくなればPavotubeというのもアリかなと。
      レフ板は何かと便利ですし、2000円以下で売っているのでぜひ一緒に持っておくことをおすすめします。

      • 丁寧にご回答いただきありがとうございます。
        とても参考になりました。
        セールでの割引を待つか迷いますが(最近はセールの対象になることも少なそうなので)、Pixel G1Sを購入する方向で考えてみようと思います。
        ありがとうございました。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次