申し訳ありませんが現在ブログ更新作業中です。ページによっては表示崩れ等ありますがご容赦ください。

ポートレート必須テクのキャッチライトとは?自撮りで使えるテクニックも!

ポートレートの必須テクニック キャッチライト

テレビ局で働いている現役プロ照明マンのゆーふぃるです。

今回は可愛く写真を撮るために超重要なキャッチライトについて解説します。

テレビでたまに女性芸能人の方が「シワを飛ばしてくれる」って言ってるやつ?

カメラ女子

大御所の女優さんが番組のゲストなどで来られる際は、マネージャーさんにキャッチライトを是非ものでお願いされたりすることもあります。

ゆーふぃる
ゆーふぃる

それだけキャッチライトは女性芸能人にとって重要視されているんです

そんなキャッチライトは当てる事で首元などの暗部が持ち上がってシワが目立たなくなる効果もあるのですが、もうひとつ超重要な役割があるんです。

今回は自宅や自撮りでも使える、魅力的に見せるためのライティングテクニックもお伝えします!

目次

キャッチライトとは

キャッチライトの超重要な役割とは黒目に光を写り込ませて輝かせる事です。

キャッチライトあり
参考:https://www.pakutaso.com/20210528134post-34869.html

この黒目に光があるかどうかで人の印象はガラッと変わります。

「目は口ほどに物を言う」ということわざがある程です、人の印象の7割は目で決まるとも言われます。

先ほどの写真、キャッチライトがなかったらどうでしょうか?

キャッチライト無し

ほんの少し小さな光があるかどうかの違いなだけなのに、印象はかなり違いませんか?

黒目にキャッチライトがあると生き生きとした表情に見えて可愛く見えますが、キャッチライトがないと笑顔でもどこかどよんとしたような濁った表情に見えますね。

ゆーふぃる

いわゆる「目が死んでいる」写真ですね

キャッチライトの入れ方

キャッチライトの重要性は分かったけど

実際どうやったら目に光が入るの?

カメラ女子
ゆーふぃる
ゆーふぃる

被写体さんの視界の中に光源(光るもの)があれば良いんだよ

女性の皆さん、自撮りする時ってやや斜め上から少し見上げるようにして撮りませんか?

あれって顔の角度で細く見えたりする効果もあるのですが、

もうひとつは少し見上げることによって部屋の天井にあるライトが視界に入るので、自然とキャッチライトとして入りやすくなってるんですよ。

瞳は球体のガラス面のようなものなので、目線の先に光るものがあるとそれが反射して写るのです。

外で撮影する場合はレフ板やストロボなどを使う

外で撮影する時は太陽や曇り空、白い壁の反射などが自然と目に入ってキャッチライトが入ることもありますが、

逆光時などは視界の中に光源がなくなるのでキャッチライトを入れたかったら自分で光源を作ってあげなければなりません。

ゆーふぃる
ゆーふぃる

そこで活躍するのがレフ板ですね

逆光の時に太陽光を反射させて明るくして表情が見えるようにし、かつレフ板を光源として瞳に写してキャッチライトとしても使うと効果的です。

この時に気を付けなければならないのは背景と被写体の光量のバランスです。

キャッチライトが入るように、とシルバーのレフ板で近づけすぎると光が強くて背景より被写体が明るくなりすぎてしまい、不自然な写真になってしまいます。

この場合は白のレフ板にしたり、あえて芯をズラしたりして背景とのバランスを取ってください。

参考

レフ板の詳しい解説はこちらの記事をご覧下さい。

あわせて読みたい
レフ板を上手く使うコツをプロ照明マンが解説 今回は写真や商品撮影、ドラマの撮影などでも使用されるカポックやレフ板の使い方について、テレビ局で働くプロ照明マンが分かりやすく解説します!レフ板を上手に使って写真や動画のクオリティをアップさせましょう!

ストロボを使う場合も直射してしまうと、ベタっとして立体感がなく肌も汚く写ってしまうので、なるべくディフューザーを使ったりして柔らかい光にしましょう。

ゆーふぃる

ソフトボックスやアンブレラなどあると簡単に綺麗なキャッチライトを入られますよ!

もちろんド逆光で光量が足りない場合は日中シンクロで直射でもOKですが、この場合も背景との光量のバランスには気を付けましょう。

日中シンクロとは明るい屋外でストロボを強制発光させる事です。

ライトを使ったキャッチライトの入れ方

目線上に光源があれば良いと書きましたが、実際にどの辺にライトなどを置けば良いのでしょうか?

キャッチライトを入れるための参考セッティング

目線方向の目の高さよりやや下あたりにライトをセッティングすると、図で言うと黒目の左下あたりに光源(ライト)が写ってキャッチライトがはいります。

この時ライトが被写体から遠すぎるとキャッチライトが小さくなってしまうので、なるべく被写体に近づけた方が大きなキャッチライトになります。

この時も光量が明るくなりすぎないように注意してください。

光源の形でキャッチライトの形も印象も変わる

瞳はガラス面のようなものなので、キャッチライトとして映る光源の形もそのまま写ります

なので小さな点光源であればキャッチライトも小さな丸いものになり、どちらかと言うとクールで力強い印象になります。

小さなキャッチライトだとクールな印象
参考: https://www.pakutaso.com/20210242036post-33394.html

逆に面光源で大きなキャッチライトになると、柔らかく優しい雰囲気になります。

キャッチライトが大きいと柔らかく優しい印象
参考:https://www.pakutaso.com/20170446100post-10977.html

ゲレンデマジック

ゲレンデマジックはご存知ですか?

スキー場は一面に雪が積もっているので、太陽光の反射がそこら中から周ってくるため非常に柔らかい光に包まれます。

白い雪の反射光に包まれるので、美白効果もあり肌がキレイに見えるのです。

さらに地面の雪の反射で大きなキャッチライトも入るので魅力的に見えるわけです。

光の柔らかさとは、影の濃さやコントラスト(明暗の差)で変わります。

光の質は硬い、柔らかいで表現され、撮影においてとっても重要なポイントです。

あわせて読みたい
点光源と面光源|光の硬い柔らかいとは?プロ照明マンが解説! 点光源、面光源と光の質の関係についてテレビ局で働くプロ照明マンが分かりやすく解説します!光の硬い、柔らかいって何?点光源と面光源との関係は? 柔らかい光を使いこなして写真や動画のクオリティをアップさせましょう!

ハート型のライトを使えば目にハートが入る

光源の形がそのまま写るということは、光源がハートだったりするとハートマークのキャッチライトを入れたりすることも可能です。

編集無しで目にハートマークが入るのでとっても可愛くなります。

女性必見!自宅や自撮りでも出来る簡単なキャッチライトの入れ方

ここからは自宅や自撮りでも簡単にできるキャッチライトの入れ方をご紹介します!

ポイント

  • 部屋のシーリングライトを視界に入れる
  • 窓の近くで太陽光を使う
  • スマホに取り付けるクリップライトやコンパクトなLEDライトを使う

部屋の電気をキャッチライトとして使う

1つめは部屋の電気を視界に入れてキャッチライトとして使うテクニックです。

カメラはやや高い位置から、上目遣いで見上げるようにすることで、天井のシーリングライトなどが視界に入り目にキャッチライトとして映ります。

ゆーふぃる

やや斜め上から撮ることで小顔効果も!

窓の近くで太陽光をキャッチライトとして使う

2つめは窓の近くで太陽光を使って撮るパターンです。

直射日光だときつく光も硬くなってしまうので、レースカーテン越しで柔らかい光にするのがおすすめです。

窓に対して真正面に立つよりも、斜め45度くらいに立つと明かりの角度もよくキャッチライトも入るので綺麗に撮れますよ。

クリップライトやLEDライトをキャッチライトとして使う

スマホに取り付けられるクリップライトやコンパクトなLEDライトを使うと、どこでも簡単にキャッチライトを入れられるのでおすすめです。

OMBAR LEDビデオライトはそこそこ光量もあり、クリップ幅も12mmなのでスマホの機種を選ばず使えます。

詳しくはこちらのレビュー記事【自撮りライト/OMBAR LEDビデオライトをプロ照明マンがレビュー!】をご覧ください。

天井の電気のみだと顔の下半分がどうしても暗くなってしまいますが、ライトを使うことで暗い部分の明るさを補正しつつキャッチライトが入るので、印象がグッと良くなります。

自撮りのライティング
ゆーふぃる

リモートワークやリモート飲み会にもおすすめです!

自撮りだけでなく料理や商品撮影、動画撮影にも使える万能なコンパクトLEDライトが欲しい方はこちらをご参照ください!

あわせて読みたい
コンパクト定常光ライト|プロ照明マンが選ぶおすすめ8選! テレビ局で働く現役プロ照明マンがおすすめする、写真や動画に使えるオススメのコンパクトLED定常光ライトをランキング形式で紹介!商品撮影からYouTubeの撮影、リモート会議用まで使い勝手の良いコンパクトなLED照明です!

アプリに頼らずナチュラルに盛れる

アプリの加工に頼らなくても、キャッチライトなどのテクニックを使いこなしてライティングを少し覚えればナチュラルかつ綺麗に写真が撮れます。

アプリでゴリゴリに加工された写真よりも、ナチュラルな写真の方が確実に男性ウケは良いです。

ナチュラルな女性
参考: https://www.pakutaso.com/20190347073post-19582.html

ライティングの知識を少し学んで肌をキレイに見せたり瞳を輝かせたりして、自然で魅力的な写真を撮りましょう!

ポートレート必須テクニックのキャッチライトまとめ

ポイント

  • キャッチライトは瞳に光を入れて表情を生き生きとさせる事ができる
  • キャッチライトを入れるには視界の中に光源を入れる
  • キャッチライトに使う光源の形や大きさで印象も変わる
  • 自宅でキャッチライトを手軽に入れるには、シーリングライトや窓からの太陽光を使う
  • クリップライトなどがあると、場所を選ばず手軽に自撮りでキャッチライトを入れられる

ぜひキャッチライトを使いこなして、ポートレートや自撮りのクオリティをアップさせましょう。

このブログではテレビ局でプロの照明マンとして働く私が

普段の写真や動画撮影で使えるライティングテクニックを解説している他

おすすめカメラやレンズ、照明機材やガジェット類の紹介をしています。

撮影テクニック カテゴリー
ガジェット カテゴリー
ゆーふぃる

SNSもフォローお願いします!

一眼で撮った写真をアップ

Instagram

ブログ更新のお知らせ等

Twitter

ブログをピンにしています

Pinterest

ライティング解説動画をアップしています。チャンネル登録お願いします!

ゆーふぃる

ご覧頂きありがとうございました!

Home
Top
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次